インフルエンザはかぜの一種

☆昨日の続きです。
インフルエンザはかぜの一種。毎年冬になると流行するやっかいな疾患です。
毎年、国内で約一千万人の人が感染しているそうです。実に約10人に1人の確率!
人ごとではありません。

普通のかぜの症状がのどの痛みや鼻水といった局所的なものであるのに対し、インフルエンザは突然の高熱・倦怠感や関節の痛みなど全身の症状があらわれます。

続きは次回です。

関連記事

  1. 八潮、草加の歯科医院【ハーモニー歯科】年末年始診療のお知らせ…

  2. 歯周病が進行すると骨がとける?

  3. よくかむとどうなるの?②

  4. 舌のメンテナンスもはじめましょう。

  5. 飛沫感染と接触感染

  6. 息子の声変わり

PAGE TOP