インフルエンザはかぜの一種

☆昨日の続きです。
インフルエンザはかぜの一種。毎年冬になると流行するやっかいな疾患です。
毎年、国内で約一千万人の人が感染しているそうです。実に約10人に1人の確率!
人ごとではありません。

普通のかぜの症状がのどの痛みや鼻水といった局所的なものであるのに対し、インフルエンザは突然の高熱・倦怠感や関節の痛みなど全身の症状があらわれます。

続きは次回です。

関連記事

  1. 「口から食べる」が命を支えている

  2. 口内フローラ(口腔細菌叢・こうくうさいきんそう)とは?

  3. ご存知ですか?口腔カンジダ症

  4. 意外と知らない「むし歯」の話

  5. 噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょ…

  6. 間違っていませんか、毎日の歯とお口のケア①

PAGE TOP