よくかむとどうなるの?②

前回の続きです。

よくかむとどうなるの?②
筋肉が働く←→よい顔になる。

口の周りの筋肉は「目」や「頬」の筋肉とつながっています。しっかりかんで口を動かす、前歯でかむ、口を閉じる、ことによって顔の筋肉が発達して、「よい顔」へと導かれます。

☆Check☆
次の事が当てはまる場合は顔の筋肉がしっかり発達していない可能性があります。
しっかりかんで顔の筋肉を発達させましょう!
・口がポカンと開いている。
・食べ物が口からこぼれる
・目が垂れている。
・風船を膨らませられない。
・ろうそくの火が消せない。
・頬がだらんとしている。

関連記事

  1. 歯周病が進行すると骨がとける?

  2. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑦

  3. 新年あけましておめでとうございます。

  4. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  5. 院内セミナーを行いました。

  6. 開咬(かいこう)とは、不正咬合の一種です。

PAGE TOP