早い段階での歯周病治療が大切です。

歯周病は、さまざまな疾患や症状につながっていくリスクの高い病気です。
早い段階で歯周病治療をしていくことは、歯の損失からつながるさまざまな副次的な症状、さらに、毛細血管から菌が体内に巡ることで起こる疾患の予防になります。
きちんちした治療、定期的なチェック・はメンテナンスはもちろんのこと、よく噛みよく笑い、顔の筋肉をよく使うことも、健康維持に大切なことです。

関連記事

  1. 子供の成長

  2. 大人むし歯はなぜ起こる?

  3. 開咬(かいこう)とは、不正咬合の一種です。

  4. 歯周病菌が、血管にこぶをつくる

  5. 歯周病を放置すると、膵臓がんリスクが2倍以上になります。

  6. 大人のむし歯は子どもとは違う

PAGE TOP