口腔内環境を悪化させない決め手は、血糖コントロール

歯周病と全身のさまざまな病気との間には相関関係があることがわかってきました。
なかでも強い関連性が判明しているのが糖尿病です。
歯周病は糖尿病の第6の合併症とも言われており、お互いに悪影響を及ぼします。
全身の健康を守るためには口腔内環境を悪化させないことがとても重要で、鍵を握るのが血糖コントロールです。

関連記事

  1. 認知症予防するために、歯のケアが重要です。

  2. 最終受付時間19:00までに変更いたします。

  3. お米には歯周病予防作用があることが判明しました

  4. 全身を蝕む恐怖の歯周病毒素

  5. インフルエンザと普通のかぜとの違い

  6. 虫歯予防(シュガーコントロール)について

PAGE TOP