口腔内環境を悪化させない決め手は、血糖コントロール

歯周病と全身のさまざまな病気との間には相関関係があることがわかってきました。
なかでも強い関連性が判明しているのが糖尿病です。
歯周病は糖尿病の第6の合併症とも言われており、お互いに悪影響を及ぼします。
全身の健康を守るためには口腔内環境を悪化させないことがとても重要で、鍵を握るのが血糖コントロールです。

関連記事

  1. 細菌をコントロールして口腔内の環境を整えよう

  2. 50代の45%は根面う蝕(むし歯があります。)

  3. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  4. 歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

  5. 嚥下障害を予防するベロだし運動のご紹介

  6. 「歯をつける癖」「砂糖の摂り過ぎ」は歯に良くない習慣です。

PAGE TOP