口腔内環境を悪化させない決め手は、血糖コントロール

歯周病と全身のさまざまな病気との間には相関関係があることがわかってきました。
なかでも強い関連性が判明しているのが糖尿病です。
歯周病は糖尿病の第6の合併症とも言われており、お互いに悪影響を及ぼします。
全身の健康を守るためには口腔内環境を悪化させないことがとても重要で、鍵を握るのが血糖コントロールです。

関連記事

  1. 大人のマウスケアは、「歯」はもちろん「歯ぐき」が重要です。

  2. ハーモニー歯科:噴水を設置しました

    可愛らしい噴水が設置されました。《八潮市・草加市のハーモニー…

  3. 八潮市の歯医者さん『ハーモニー歯科』ではサービス向上を目指し…

  4. 歯周病は、弱く長く人体をむしばみます。

  5. 【オーラルケア】口内問題は全身の健康にも影響する

  6. 歯痛点ご存じですか?

PAGE TOP