【中高年の方へ】治療後でも予防を心がけましょう。

中高年世代はすでに治療済みの歯が何本もあります。
それでも「予防歯科」を始める意味はあり、日本ヘルスケア歯科学会員の検証によると、治療後もメンテナンスを受けた人と受けなかった人では、失った歯の数が4倍も異なることがわかりました。
つまり、中高年世代にとっても、予防歯科はとても大切なことだと言えるのです。

関連記事

  1. お口を閉じた時、上下の歯は離れていますか?

  2. 口内フローラ(口腔細菌叢・こうくうさいきんそう)とは?

  3. 子供の成長

  4. 床矯正・矯正治療

  5. お口ケアの3つの新常識!

  6. 八潮の歯医者さん『ハーモニー歯科』では患者様のお口の健康向上…

PAGE TOP