「太りやすい」「太りにくい」の違いに影響が!」

DIT「食事誘発性耐熱産生」とは、食事を通じて消費されるエネルギーのことです。
食事にゆっくり時間をかけて噛む人ほど、『DIT』が大きいことがわかりました。
運動の時間を意識して増やさなければアップさせることができない「生活活動代謝」に比べ「DIT」は食べ方を変えるだけで増やせることがわかったのです。
味わって食べることを意識すると、自然と噛む回数が増えます。
バランスの良い食事を味わいながら摂ることを習慣づけてみましょう。


関連記事

  1. 山田様より朝焼いた手作りパンを頂きました。埼玉県八潮市・草加…

  2. 赤ちゃんに与える食事ポイント

  3. 青空パワーヨガを行いました。

  4. 日本の口腔がんの現状

  5. 顔面の骨の成長

  6. 子供の成長

PAGE TOP