「太りやすい」「太りにくい」の違いに影響が!」

DIT「食事誘発性耐熱産生」とは、食事を通じて消費されるエネルギーのことです。
食事にゆっくり時間をかけて噛む人ほど、『DIT』が大きいことがわかりました。
運動の時間を意識して増やさなければアップさせることができない「生活活動代謝」に比べ「DIT」は食べ方を変えるだけで増やせることがわかったのです。
味わって食べることを意識すると、自然と噛む回数が増えます。
バランスの良い食事を味わいながら摂ることを習慣づけてみましょう。


関連記事

  1. 口腔食育アドバイザーを取得致しました。《八潮市・草加市のハー…

  2. 老後の後悔No.1は「歯のメンテナンス不足」です。

  3. 医療費控除を受けましょう。

  4. 口内フローラ(口腔細菌叢・こうくうさいきんそう)とは?

  5. よくかむとどうなるの?④

  6. 子どもの虫歯予防

PAGE TOP