お米には歯周病予防作用があることが判明しました

コメ成分には、炎症全般を緩和させる作用があることが、以前より示唆されていました。
新潟大学の研究グループは、15種類のペプチド(複数のアミノ酸が鎖のように連なった小さなタンパク質断片)溶液をコメから抽出。
歯周病を発生させたマウスに溶液を使用し、その後の経過をCT画像診断しました。

その結果、ある種のコメペプチドに歯肉ポケットが広がることを抑制し、歯を守る作用がわかりました。
この作用を遺伝子レベルで解析したところ、発見されたコメペプチドには骨の新陳代謝における骨吸収(骨を溶かす作用)や歯肉炎症を誘発する分子の活動を抑制することも判明しました。

 

関連記事

  1. 歯周病菌が、血管にこぶをつくる

  2. インフルエンザはかぜの一種

  3. 人間の内臓で一番重いのは?

  4. 歯周病が進行すると骨がとける?

  5. 間違っていませんか、毎日の歯とお口のケア①

  6. 日本の口腔がんの現状

PAGE TOP