タバコを吸う習慣が歯周病リスクを高めます。

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれており、喫煙者は、歯周病にかかりやすく、さらに治療しても治りにくいことが分かっています。「ニコチン」などの毒素は、歯周組織を破壊し間接的にも免疫力を弱め、歯周ポケットに菌の繁殖しやすい環境を作るなど、歯周病が進行して歯が抜けるリスクを高めてしまいます。

関連記事

  1. インフルエンザについて

  2. 歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

  3. 象牙質露出 神経が反応【知覚過敏】

  4. 歯科衛生士求人!!八潮、草加の歯科医院【ハーモニー歯科】

  5. よくかむとどうなるの?③

  6. 日本の口腔がんの現状

PAGE TOP