タバコを吸う習慣が歯周病リスクを高めます。

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれており、喫煙者は、歯周病にかかりやすく、さらに治療しても治りにくいことが分かっています。「ニコチン」などの毒素は、歯周組織を破壊し間接的にも免疫力を弱め、歯周ポケットに菌の繁殖しやすい環境を作るなど、歯周病が進行して歯が抜けるリスクを高めてしまいます。

関連記事

  1. 全身を蝕む恐怖の歯周病毒素

  2. インフルエンザと普通のかぜとの違い

  3. 患者様からスタッフに手作りマスクを頂きました。

  4. ご存知ですか?口腔カンジダ症

  5. よく噛んで食べる子供は賢く育つ

  6. 実は意外と知らない?「むし歯」のこと

PAGE TOP