タバコを吸う習慣が歯周病リスクを高めます。

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれており、喫煙者は、歯周病にかかりやすく、さらに治療しても治りにくいことが分かっています。「ニコチン」などの毒素は、歯周組織を破壊し間接的にも免疫力を弱め、歯周ポケットに菌の繁殖しやすい環境を作るなど、歯周病が進行して歯が抜けるリスクを高めてしまいます。

関連記事

  1. 八潮の歯科医院、ハーモニー歯科では、患者様に合った歯磨剤や歯…

  2. 口腔食育アドバイザーを取得致しました。《八潮市・草加市のハー…

  3. 口内フローラ(口腔細菌叢・こうくうさいきんそう)とは?

  4. 舌の汚れについて

  5. 【中高年の方へ】治療後でも予防を心がけましょう。

  6. 山田様より朝焼いた手作りパンを頂きました。埼玉県八潮市・草加…

PAGE TOP