むし歯・歯周病に次ぐ酸蝕歯

むし歯・歯周病に続いて、歯を失う原因の一つ酸蝕歯をご存知ですか?
酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。
最近では、子どものうちから酸蝕症になってしまう例があります。
症状に気づきにくい為、定期的な検診が重要です。

関連記事

  1. 『認知症』との闘い、歯周病が影響しています!

  2. クリスマスパーティ

  3. 口腔カンジダ症について

  4. インフルエンザについて

  5. お米には歯周病予防作用があることが判明しました

  6. 八潮、草加の歯科医院【ハーモニー歯科】本日より 通常診療行っ…

PAGE TOP