むし歯・歯周病に次ぐ酸蝕歯

むし歯・歯周病に続いて、歯を失う原因の一つ酸蝕歯をご存知ですか?
酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。
最近では、子どものうちから酸蝕症になってしまう例があります。
症状に気づきにくい為、定期的な検診が重要です。

関連記事

  1. 口内フローラが乱れると、全身に悪影響が出てきます。

  2. 嚥下障害を予防するベロだし運動のご紹介

  3. お口の中のダイナミックバランス

  4. 生涯健康な歯で!50歳からのケア1、2、3

  5. 「隠れ誤嚥」ではないでしょうか?

  6. 知覚過敏を招く悪習慣をセルフチェック!

PAGE TOP