むし歯・歯周病に次ぐ酸蝕歯

むし歯・歯周病に続いて、歯を失う原因の一つ酸蝕歯をご存知ですか?
酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。
最近では、子どものうちから酸蝕症になってしまう例があります。
症状に気づきにくい為、定期的な検診が重要です。

関連記事

  1. 「開いた口がふさがらない」とは?

  2. 歯ブラシと歯磨きの意外と知らないこと

  3. インフルエンザ対策

  4. オープンガーデンに行って来ました。

  5. 青空パワーヨガを行いました。

  6. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑤

PAGE TOP