むし歯・歯周病に次ぐ酸蝕歯

むし歯・歯周病に続いて、歯を失う原因の一つ酸蝕歯をご存知ですか?
酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。
最近では、子どものうちから酸蝕症になってしまう例があります。
症状に気づきにくい為、定期的な検診が重要です。

関連記事

  1. デンタルフロスを使うべき4つの理由!

  2. 歯周病対策は、定期的なクリーニングが絶対必要条件

  3. 舌のメンテナンスもはじめましょう。

  4. ご存知ですか?口腔カンジダ症

  5. 塩辛いものを食べると。。

  6. 間違っていませんか、毎日の歯とお口のケア②

PAGE TOP