むし歯・歯周病に次ぐ酸蝕歯

むし歯・歯周病に続いて、歯を失う原因の一つ酸蝕歯をご存知ですか?
酸性が強いものを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。
最近では、子どものうちから酸蝕症になってしまう例があります。
症状に気づきにくい為、定期的な検診が重要です。

関連記事

  1. 患者様から手作りマスクをいただきました。

  2. 知覚過敏とは?

  3. 噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょ…

  4. 老後、みんなが「歯」で後悔している

  5. 【オーラルケア】口内問題は全身の健康にも影響する

  6. 定期的に院内セミナーを実施しております。【ハーモニー歯科】

PAGE TOP