歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

よく子どもが歯並びが悪い理由は、「硬いものを食べる習慣がないため、歯を支える顎が発達せず小さいから」などと言われていますが、一番の問題は「歯が大きくなったため」かもしれません。
健康の基本は食事です。
食べ盛りの子どもだからと言って、肉などの動物性タンパク質ばかりではなくバランスの取れた食事を心がけましょう。

関連記事

  1. 歯周病対策は、定期的なクリーニングが絶対必要条件

  2. 歯周病がメタボに密接な関係がある?

  3. 誤えん性肺炎を防ぐお口のケア

  4. 「血流講座」で10年後まで美しく体を整えましょう

  5. 新年あけましておめでとうございます。

  6. 糖尿病治療と並行して、歯科治療を行えばより効果的です

PAGE TOP