歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

よく子どもが歯並びが悪い理由は、「硬いものを食べる習慣がないため、歯を支える顎が発達せず小さいから」などと言われていますが、一番の問題は「歯が大きくなったため」かもしれません。
健康の基本は食事です。
食べ盛りの子どもだからと言って、肉などの動物性タンパク質ばかりではなくバランスの取れた食事を心がけましょう。

関連記事

  1. 老眼の仕組み

  2. 「隠れ誤嚥」ではないでしょうか?

  3. 電動歯ブラシが考案された理由

  4. 教え子の退団公演

  5. 虫歯予防(シュガーコントロール)について

  6. 舌苔について

PAGE TOP