歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

よく子どもが歯並びが悪い理由は、「硬いものを食べる習慣がないため、歯を支える顎が発達せず小さいから」などと言われていますが、一番の問題は「歯が大きくなったため」かもしれません。
健康の基本は食事です。
食べ盛りの子どもだからと言って、肉などの動物性タンパク質ばかりではなくバランスの取れた食事を心がけましょう。

関連記事

  1. 診療室のエピソード

  2. 医療費控除を受けましょう。

  3. 「開いた口がふさがらない」とは?

  4. 患者様から手作りのマスクをいただきました。

  5. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  6. 2021年12月16日、院愛セミナーが実施されました。【ハー…

PAGE TOP