歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

よく子どもが歯並びが悪い理由は、「硬いものを食べる習慣がないため、歯を支える顎が発達せず小さいから」などと言われていますが、一番の問題は「歯が大きくなったため」かもしれません。
健康の基本は食事です。
食べ盛りの子どもだからと言って、肉などの動物性タンパク質ばかりではなくバランスの取れた食事を心がけましょう。

関連記事

  1. ミッションCSについて学びました。

  2. 夏季休診のお知らせ

  3. タバコを吸う習慣が歯周病リスクを高めます。

  4. 歯周病を放置すると、膵臓がんリスクが2倍以上になります。

  5. 「血流講座」で10年後まで美しく体を整えましょう

  6. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑦

PAGE TOP