むし歯がないのに痛いのは、中心結節かも?

中心結節とは、歯の形態異常の一つで、生えたての永久歯の噛み合わせ面にとがった突起ができることです。
永久歯に先天的にできる症状で、小学校高学年になると全体の数%で発症します。
むし歯でもないのに、お子さんが痛みを訴えた場合は、中心結節の可能性がありますので、むし歯がないからと放置せず定期検診など歯医者でご相談しましょう。


関連記事

  1. 患者様から手作りのマスクをいただきました。

  2. 矯正治療中の食事中の痛みについて

  3. 歯の神経のお話

  4. 2021年11月18日、院愛セミナーが実施されました。【ハー…

  5. 美文字レッスンを行いました。 

  6. 歯みがき剤の選ぶ基準とは。

PAGE TOP