口腔カンジダ症について

カンジダ菌とは、お口の中に常在するカビの仲間です。
加齢や免疫力の低下により数が増えると日和見感染症の原因になります。
カンジダ菌を減らすには、まず口腔内を衛生的にすることが大切です。
唾液の中のカンジダ菌を調べ、数を客観的に判断することで、適切な治療が可能となります。

関連記事

  1. 噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょ…

  2. 患者様からハンドメイドのキーホルダーを頂きました!

  3. 皆様へお願い

  4. 歯周病を放置すると、膵臓がんリスクが2倍以上になります。

  5. 「歯をつける癖」「砂糖の摂り過ぎ」は歯に良くない習慣です。

  6. 院内勉強会を行いました。

PAGE TOP