口腔カンジダ症について

カンジダ菌とは、お口の中に常在するカビの仲間です。
加齢や免疫力の低下により数が増えると日和見感染症の原因になります。
カンジダ菌を減らすには、まず口腔内を衛生的にすることが大切です。
唾液の中のカンジダ菌を調べ、数を客観的に判断することで、適切な治療が可能となります。

関連記事

  1. ハロウィンの飾り付けをしました。

  2. 医療費控除を受けましょう。

  3. 50代の45%は根面う蝕(むし歯があります。)

  4. 口内フローラが乱れると、全身に悪影響が出てきます。

  5. 「顔の下半分が長くなる」NG習慣とは?

  6. 歯の神経のお話

PAGE TOP