口腔カンジダ症について

カンジダ菌とは、お口の中に常在するカビの仲間です。
加齢や免疫力の低下により数が増えると日和見感染症の原因になります。
カンジダ菌を減らすには、まず口腔内を衛生的にすることが大切です。
唾液の中のカンジダ菌を調べ、数を客観的に判断することで、適切な治療が可能となります。

関連記事

  1. 歯周病菌が、血管にこぶをつくる

  2. 歯の少ない人は認知症になる?

  3. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑥

  4. 定期検診で早期発見!賢いむし歯治療のカギ

  5. 八潮の歯科医院、ハーモニー歯科では本日外部講師を招き院内セミ…

  6. 顔面の骨の成長

PAGE TOP