口腔カンジダ症について

カンジダ菌とは、お口の中に常在するカビの仲間です。
加齢や免疫力の低下により数が増えると日和見感染症の原因になります。
カンジダ菌を減らすには、まず口腔内を衛生的にすることが大切です。
唾液の中のカンジダ菌を調べ、数を客観的に判断することで、適切な治療が可能となります。

関連記事

  1. 子どもの虫歯予防

  2. 突然、歯ぐきが腫れてズキズキ・・・歯根嚢胞にご注意を!

  3. カゼ・インフルエンザ対策にはたっぷりだ液と歯みがきでウイルス…

  4. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  5. ご存知ですか?口腔カンジダ症

  6. 口内フローラが乱れると、全身に悪影響が出てきます。

PAGE TOP