口が乾きやすいと、歯周病リスクが増大します。

歯周病予防のためのセルフケアには歯磨きが大切なことはもちろんですが、唾液の分泌を活発にすることも重要です。
唾液にはお口の中の細菌や食べ物のカスを洗い流したり、唾液に含まれる「ラクトフェリン」などの抗生物質が歯周病菌の増加を抑えてくれます。

関連記事

  1. よくかむとどうなるの?①

  2. 塩辛いものを食べると。。

  3. よくかむとどうなるの?③

  4. 歯周病を放置すると、膵臓がんリスクが2倍以上になります。

  5. むし歯・歯周病に次ぐ酸蝕歯

  6. 歯みがき剤の選ぶ基準とは。

PAGE TOP