日本の口腔がんの現状

日本の口腔がんの死亡率は、米国の2.5倍以上です。日本で2016年に口腔・咽頭がんと診断された男性は15,205人、女性が6,396人で、この40年で4倍以上に増えています。
またその50〜60%が口腔がんとみられます。
高齢男性に多い病気ですが、女性や40歳未満の若年者にも増えてきたのが特徴です。
口腔がんは、舌、歯肉、口底、頬粘膜、口蓋など、口の中の排外の全ての部位に発生する可能性があります。

関連記事

  1. 歯周病が進行すると骨がとける?

  2. 『認知症』との闘い、歯周病が影響しています!

  3. 新年あけましておめでとうございます。

  4. 「噛む」でつくる全身の健康

  5. その口の渇きや口臭はドライマウスかも!?

  6. お米には歯周病予防作用があることが判明しました

PAGE TOP