「歯」かけた!ときの対応について

事故や転倒により強い衝撃が加わり、「歯」が欠けることがあります。
もし歯が欠けてしまった場合、雑菌が入り炎症を起こす原因となりますので欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。
そして、欠けた歯を保存することが大切です。

関連記事

  1. よくかむとどうなるの?④

  2. 歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

  3. 口腔ガンの中で最も罹患率の高い「舌がん」とは?

  4. 妊娠中の歯科治療について

  5. スウェーデン式むし歯予防

  6. 歯みがきをすると血が出る場合は?

PAGE TOP