「歯」かけた!ときの対応について

事故や転倒により強い衝撃が加わり、「歯」が欠けることがあります。
もし歯が欠けてしまった場合、雑菌が入り炎症を起こす原因となりますので欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。
そして、欠けた歯を保存することが大切です。

関連記事

  1. 生涯健康な歯で!50歳からのケア1、2、3

  2. 八潮、草加の歯科医院【ハーモニー歯科】当院の予約優先制につい…

  3. 歯周病のサインを知っておきましょう

  4. 2021年11月18日、院愛セミナーが実施されました。【ハー…

  5. 入れ歯ビューティーデンチャー

  6. 社会体験2日目

PAGE TOP