「歯」かけた!ときの対応について

事故や転倒により強い衝撃が加わり、「歯」が欠けることがあります。
もし歯が欠けてしまった場合、雑菌が入り炎症を起こす原因となりますので欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。
そして、欠けた歯を保存することが大切です。

関連記事

  1. 小さいお子さんの歯科治療について

  2. 当院の商品はすべて歯科専用です

  3. 新年あけましておめでとうございます。

  4. 唾液の作用

  5. 八潮の歯医者さん、ハーモニー歯科では【リップエステ】も行って…

  6. 歯みがき剤の選ぶ基準とは。

PAGE TOP