「歯」かけた!ときの対応について

事故や転倒により強い衝撃が加わり、「歯」が欠けることがあります。
もし歯が欠けてしまった場合、雑菌が入り炎症を起こす原因となりますので欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。
そして、欠けた歯を保存することが大切です。

関連記事

  1. 電動歯ブラシが考案された理由

  2. 口腔カンジダ症について

  3. 息子の声変わり

  4. 定期的に院内セミナーを実施しております。【ハーモニー歯科】

  5. 日本の口腔がんの現状

  6. 舌は汚れていませんか?

PAGE TOP