「歯」かけた!ときの対応について

事故や転倒により強い衝撃が加わり、「歯」が欠けることがあります。
もし歯が欠けてしまった場合、雑菌が入り炎症を起こす原因となりますので欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。
そして、欠けた歯を保存することが大切です。

関連記事

  1. 歯ブラシと歯磨きの意外と知らないこと

  2. 生涯健康な歯で!50歳からのケア1、2、3

  3. ハーモニー歯科では院内セミナー『経絡リンパヨガ』を開催いたし…

  4. インフルエンザ撃退術『舌磨き』

  5. 口腔内環境を整えるとカラダが変わる

  6. 最終受付時間19:00までに変更いたします。

PAGE TOP