「歯」かけた!ときの対応について

事故や転倒により強い衝撃が加わり、「歯」が欠けることがあります。
もし歯が欠けてしまった場合、雑菌が入り炎症を起こす原因となりますので欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。
そして、欠けた歯を保存することが大切です。

関連記事

  1. 歯みがきをすると血が出る場合は?

  2. 八潮市の歯医者さん『ハーモニー歯科』ではサービス向上を目指し…

  3. 青空パワーヨガを行いました。

  4. 大根湯のつくり方

  5. 「噛む」でつくる全身の健康

  6. 社会体験2日目

PAGE TOP