口腔内環境を整えるとカラダが変わる

口腔内の環境を整えれば、病気のリスクが軽減します。

口腔内の環境が悪いと、脳梗塞、心筋梗塞、メタボといったさまざまな体の不調をきたすということがわかってきました。
歯の汚れを放置した結果、むし歯や歯周病だけでなく、肺炎、中耳炎をもたらします。
また口腔内には多くの常在菌を始めとする最近が生息し、口腔内フローラ(細菌)のバランスが崩れると、すい臓癌の原因になるほか、腸内フローラに影響したり、あるいは鬱や慈恵飛翔、統合失調症といった病を引き起こすことがわかってきました。
口腔内を整えるということは、体全体の病気を予防するのです。

関連記事

  1. 顔よがで「マスク頭痛」予防《八潮市・草加市のハーモニー歯科》…

  2. よくかむとどうなるの?①

  3. 生涯健康な歯で!50歳からのケア1、2、3

  4. 子どもの歯を守ろう!

  5. 全身を蝕む恐怖の歯周病毒素

  6. 口内フローラ(口腔細菌叢・こうくうさいきんそう)とは?

PAGE TOP