子どもの歯を守ろう!

子どもの口や歯の大きさに合わない歯ブラシは、みがきにくいだけでなく、歯ぐきが傷ついてしまうこともあります。
そのため、「安さ」や「パッケージ」などから、何となく選ぶのはNGです。
歯ブラシは「ヘッド」「ハンドル」「ネック」の3つのパーツに分かれますが、それぞれ合ったものを選びましょう。

関連記事

  1. タバコを吸う習慣が歯周病リスクを高めます。

  2. 「歯」かけた!ときの対応について

  3. スポーツドリンクについて

  4. 入れ歯ビューティーデンチャー

  5. その口の渇きや口臭はドライマウスかも!?

  6. 間違っていませんか、毎日の歯とお口のケア①

PAGE TOP