子どもの歯を守ろう!

子どもの口や歯の大きさに合わない歯ブラシは、みがきにくいだけでなく、歯ぐきが傷ついてしまうこともあります。
そのため、「安さ」や「パッケージ」などから、何となく選ぶのはNGです。
歯ブラシは「ヘッド」「ハンドル」「ネック」の3つのパーツに分かれますが、それぞれ合ったものを選びましょう。

関連記事

  1. むし歯がないのに痛いのは、中心結節かも?

  2. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑤

  3. 「隠れ誤嚥」ではないでしょうか?

  4. インフルエンザ撃退術『舌磨き』

  5. インフルエンザについて

  6. 歯並びが悪いとどうなりますか?

PAGE TOP