歯周病は、弱く長く人体をむしばみます。

虫歯菌に加えて、歯周病菌は、さまざまな病気と関係があることが明らかになってきています。
歯周病の大きな特徴は、「弱く長くつづく」ということです。炎症の程度は弱いものの、それが何年、何十年と続いていきます。
治らない小さな傷がずっとあるようなもので、そこから絶えず細菌や毒素が血液中・腸に供給され炎症物質が生産され続けるます。

歯周病予防は、細菌のすみかである歯垢をきちんと取りのぞくことにあります。
定期検診を受け、必要に応じて歯石の除去やブラッシング指導など、歯の健康をトータルチェックしてもらいましょう。

関連記事

  1. 虫歯予防(シュガーコントロール)について

  2. 「啓蟄」はご存知ですか?

  3. お口の汚れをチェック

  4. 歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

  5. よくかむとどうなるの?①

  6. インフルエンザと普通のかぜとの違い

PAGE TOP