ドライマウスの原因とケア

ドライマウスとは、だ液の量が減って常に口の中がパサパサしたり、のどが渇いた状態になる症状のことです。
中高年の女性に多くみられるのが特徴でしたが、最近では30代の女性にも増加傾向にあるようです。
ドライマウスになると、しゃべりにくい、乾いた物が食べづらいなどの障害が出るだけでなく、「歯周病」「むし歯」「口内炎」「味覚障害」など、そのほかの病気も引き起こすことがあります。

 

関連記事

  1. 歯周病が進行すると骨がとける?

  2. 歯周病は、弱く長く人体をむしばみます。

  3. よくかむとどうなるの?②

  4. スウェーデン式むし歯予防

  5. 口が乾きやすいと、歯周病リスクが増大します。

  6. インフルエンザ撃退術『舌磨き』

PAGE TOP