ドライマウスの原因とケア

ドライマウスとは、だ液の量が減って常に口の中がパサパサしたり、のどが渇いた状態になる症状のことです。
中高年の女性に多くみられるのが特徴でしたが、最近では30代の女性にも増加傾向にあるようです。
ドライマウスになると、しゃべりにくい、乾いた物が食べづらいなどの障害が出るだけでなく、「歯周病」「むし歯」「口内炎」「味覚障害」など、そのほかの病気も引き起こすことがあります。

 

関連記事

  1. 青空パワーヨガを行いました。

  2. 口内フローラが乱れると、全身に悪影響が出てきます。

  3. 高齢者の方がお口のケアが必要な「理由」

  4. 「顔の下半分が長くなる」NG習慣とは?

  5. お米には歯周病予防作用があることが判明しました

  6. 突然、歯ぐきが腫れてズキズキ・・・歯根嚢胞にご注意を!

PAGE TOP