ドライマウスの原因とケア

ドライマウスとは、だ液の量が減って常に口の中がパサパサしたり、のどが渇いた状態になる症状のことです。
中高年の女性に多くみられるのが特徴でしたが、最近では30代の女性にも増加傾向にあるようです。
ドライマウスになると、しゃべりにくい、乾いた物が食べづらいなどの障害が出るだけでなく、「歯周病」「むし歯」「口内炎」「味覚障害」など、そのほかの病気も引き起こすことがあります。

 

関連記事

  1. 診療室のエピソード

  2. 『認知症』との闘い、歯周病が影響しています!

  3. 奥歯のむし歯予防にとても効果的!『シーラント』

  4. 歯周病がメタボに密接な関係がある?

  5. 教え子の退団公演

  6. 象牙質露出 神経が反応【知覚過敏】

PAGE TOP