「口から食べる」が命を支えている

口からモノを食べることは、生命維持の要です。
口から食べることをやめ、胃腸から吸収されることがなくなりと絨毛の破壊、萎縮が進み、短期間で栄養を吸収する小腸の絨毛がすり減ってしまいます。
しかも一度すり減った絨毛は復活しない。

関連記事

  1. 患者様からスタッフに手作りマスクを頂きました。

  2. 飛沫感染と接触感染

  3. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!③

  4. 八潮の歯医者さん『ハーモニー歯科』では患者様のお口の健康向上…

  5. 患者様から手作りのマスクをいただきました。

  6. よくかむとどうなるの?②

PAGE TOP