「口から食べる」が命を支えている

口からモノを食べることは、生命維持の要です。
口から食べることをやめ、胃腸から吸収されることがなくなりと絨毛の破壊、萎縮が進み、短期間で栄養を吸収する小腸の絨毛がすり減ってしまいます。
しかも一度すり減った絨毛は復活しない。

関連記事

  1. 認知症予防するために、歯のケアが重要です。

  2. 大人のむし歯は子どもとは違う

  3. 口内フローラが乱れると、全身に悪影響が出てきます。

  4. インフルエンザについて

  5. 新年明けましておめでとうございます。

  6. 唾液のチカラをご存知ですか?

PAGE TOP