「口から食べる」が命を支えている

口からモノを食べることは、生命維持の要です。
口から食べることをやめ、胃腸から吸収されることがなくなりと絨毛の破壊、萎縮が進み、短期間で栄養を吸収する小腸の絨毛がすり減ってしまいます。
しかも一度すり減った絨毛は復活しない。

関連記事

  1. 大人のむし歯

  2. 青空パワーヨガを行いました。

  3. 歯みがきをすると血が出る場合は?

  4. 「太りやすい」「太りにくい」の違いに影響が!」

  5. 新年あけましておめでとうございます。

  6. 老後の後悔No.1は「歯のメンテナンス不足」です。

PAGE TOP