幼児期のむし歯を防ぐ食習慣について

幼児期から頻繁に甘いものを与えると、お口の中でむし歯菌が増殖し、永久歯もむし歯になりやすくなります。
乳歯は永久歯と比べて抵抗力が弱く、むし歯の進行がとても早いのが特徴です。
むし歯になりにくい口腔環境を作り、お子様の歯の健康末永く守りましょう。

関連記事

  1. 皆様へお願い

  2. ミッションCSについて学びました。

  3. 歯周病を放置すると、膵臓がんリスクが2倍以上になります。

  4. 歯周病があり糖尿病に悩んでいる方は、歯科で歯周病治療を受けま…

  5. 手作りのクリスマス飾りを頂きました♥

  6. 舌苔について

PAGE TOP