幼児期のむし歯を防ぐ食習慣について

幼児期から頻繁に甘いものを与えると、お口の中でむし歯菌が増殖し、永久歯もむし歯になりやすくなります。
乳歯は永久歯と比べて抵抗力が弱く、むし歯の進行がとても早いのが特徴です。
むし歯になりにくい口腔環境を作り、お子様の歯の健康末永く守りましょう。

関連記事

  1. 八潮の歯科医院、ハーモニー歯科では本日外部講師を招き院内セミ…

  2. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑥

  3. 「噛む」でつくる全身の健康

  4. 患者様から手作りのマスクをいただきました。

  5. よくかむとどうなるの?③

  6. ハロウィンの飾り付けをしました。

PAGE TOP