【オーラルケア】口内問題は全身の健康にも影響する

むし歯や歯周病によって口内環境が悪くなると口臭が発生するだけではありません。
インフルエンザなどの感染症や認知症などにも関わっていると言われている『口腔細菌叢(こうくうさいきんそう)』という細菌集団が今、注目されています。
理想的なオーラルケアとは、どういうものでしょうか?
3〜6ヶ月に一度、歯科のクリーニングで歯石除去を習慣化するのもおすすめです。

関連記事

  1. 50代の45%は根面う蝕(むし歯があります。)

  2. 口腔内環境を悪化させない決め手は、血糖コントロール

  3. 唾液の作用

  4. 認知症予防するために、歯のケアが重要です。

  5. お口のケアで認知症予防・改善

  6. 歯並びが悪いとどうなりますか?

PAGE TOP