〈目からウロコの健康術〉 全身の健康に影響する危険因子 「歯周病」の早期発見&治療法

 

歯みがきなどによって口の中が十分に掃除されていないと、口の中の細菌が食べかすなどを栄養源にして増え、白いネバネバとした物質(歯垢、プラーク)を作り出します。これらは歯周ポケットなどのご自身でお手入れしづらい部分で増殖しやすく、炎症を引き起こします。

歯周病の影響は口の中に留まらず、炎症によって破壊された歯肉から細菌が血液に入り込むことで、全身で様々な病気の発症リスクを高め、病気の悪化を招くことがわかってきました。

 

関連記事

  1. 「開いた口がふさがらない」とは?

  2. ママっ大変!歯と歯がくっついてる!癒合歯(ゆうごうし)につい…

  3. 口臭を抑える『舌のケア』と『おすすめ食品』

  4. 八潮、草加の歯科医院【ハーモニー歯科】ご予約制について

  5. 50代の45%は根面う蝕(むし歯があります。)

  6. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

PAGE TOP