歯の神経のお話

歯の中には神経が通る管があります。その神経が炎症をおこすことで痛みを引き起こします。

冷たい水がしみるくらいの症状ならば様子を見たり、削れた歯の根元を修復すれば回復するのですが、バイ菌の進行程度や神経の症状があまりにもひどく出てしまうときには、この神経をとる治療をしていくことになります。この処置を抜髄(ばつずい)と読んでいます。

歯の神経があっても神経をとってもそれほど変わらないとおっしゃる方もいますが、歯の神経をとるとどんなことが起きるのでしょうか。

関連記事

  1. 大人むし歯はなぜ起こる?

  2. 嚥下障害を予防するベロだし運動のご紹介

  3. 最終受付時間19:00までに変更いたします。

  4. 知覚過敏とは?

  5. 3週間歯みがきをしないとどうなるか?

  6. 矯正治療中の食事中の痛みについて

PAGE TOP