歯の神経のお話

歯の中には神経が通る管があります。その神経が炎症をおこすことで痛みを引き起こします。

冷たい水がしみるくらいの症状ならば様子を見たり、削れた歯の根元を修復すれば回復するのですが、バイ菌の進行程度や神経の症状があまりにもひどく出てしまうときには、この神経をとる治療をしていくことになります。この処置を抜髄(ばつずい)と読んでいます。

歯の神経があっても神経をとってもそれほど変わらないとおっしゃる方もいますが、歯の神経をとるとどんなことが起きるのでしょうか。

関連記事

  1. 「噛む」でつくる全身の健康

  2. 老化は口から~きれいな歯をいつまでも元気に~

  3. 開咬(かいこう)とは、不正咬合の一種です。

  4. 【歯科衛生士学生・休職中の方・復職を考えている方限定】ハーモ…

  5. 教え子の退団公演

  6. 新年あけましておめでとうございます。

PAGE TOP