噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょう。

歯でものをかむと、ひとかみごとに脳に大量の血液が送り込まれます。
葉の下には「歯根膜(しこんまく)」というクッションのような器官があって、歯はそこにめり込むように立っています。
かむときは、歯がこのクッションに約30ミクロン沈み込み、そのほんのわずかな圧力で、歯根膜からポンプのように血液を送り込みます。
よく噛む人の脳には、ひっきりなしに血液が送り込まれて、その間、脳が刺激を受け続けていることになります。つまり、噛めば噛むほど脳が活性化されて元気になり、どんどん若返るのです。

関連記事

  1. 手作りのポプリを頂きました。

  2. 八潮、草加の歯科医院【ハーモニー歯科】ご予約制について

  3. 唾液の作用

  4. 抜歯後のタバコ なぜNG?

  5. インフルエンザ対策

  6. 象牙質露出 神経が反応【知覚過敏】

PAGE TOP