噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょう。

歯でものをかむと、ひとかみごとに脳に大量の血液が送り込まれます。
葉の下には「歯根膜(しこんまく)」というクッションのような器官があって、歯はそこにめり込むように立っています。
かむときは、歯がこのクッションに約30ミクロン沈み込み、そのほんのわずかな圧力で、歯根膜からポンプのように血液を送り込みます。
よく噛む人の脳には、ひっきりなしに血液が送り込まれて、その間、脳が刺激を受け続けていることになります。つまり、噛めば噛むほど脳が活性化されて元気になり、どんどん若返るのです。

関連記事

  1. 歯周病対策は、定期的なクリーニングが絶対必要条件

  2. 土ふまずはなぜ土ふまず?

  3. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!③

  4. 「口から食べる」が命を支えている

  5. お米には歯周病予防作用があることが判明しました

  6. 意外と知らない「むし歯」の話

PAGE TOP