噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょう。

歯でものをかむと、ひとかみごとに脳に大量の血液が送り込まれます。
葉の下には「歯根膜(しこんまく)」というクッションのような器官があって、歯はそこにめり込むように立っています。
かむときは、歯がこのクッションに約30ミクロン沈み込み、そのほんのわずかな圧力で、歯根膜からポンプのように血液を送り込みます。
よく噛む人の脳には、ひっきりなしに血液が送り込まれて、その間、脳が刺激を受け続けていることになります。つまり、噛めば噛むほど脳が活性化されて元気になり、どんどん若返るのです。

関連記事

  1. 口腔内環境を悪化させない決め手は、血糖コントロール

  2. 新年あけましておめでとうございます。

  3. 口腔カンジダ症について

  4. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  5. 口腔ガンの中で最も罹患率の高い「舌がん」とは?

  6. 唾液のチカラをご存知ですか?

PAGE TOP