噛めば噛むほど脳が活性化。若返りのために、歯を大切にしましょう。

歯でものをかむと、ひとかみごとに脳に大量の血液が送り込まれます。
葉の下には「歯根膜(しこんまく)」というクッションのような器官があって、歯はそこにめり込むように立っています。
かむときは、歯がこのクッションに約30ミクロン沈み込み、そのほんのわずかな圧力で、歯根膜からポンプのように血液を送り込みます。
よく噛む人の脳には、ひっきりなしに血液が送り込まれて、その間、脳が刺激を受け続けていることになります。つまり、噛めば噛むほど脳が活性化されて元気になり、どんどん若返るのです。

関連記事

  1. 八潮・草加【ハーモニー歯科】第八回ワールドデンタルショーへ行…

  2. 舌は汚れていませんか?

  3. 老後の後悔No.1は「歯のメンテナンス不足」です。

  4. 教え子の退団公演

  5. お口のケアで認知症予防・改善しましょう。

  6. 歯ブラシの当て方(奥歯)について

PAGE TOP