歯周病が進行すると骨がとける?

歯周病が進行するとはが支える歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらになり、やがては抜けてしまいます。
”あの硬い骨が溶ける?”と驚く方が多いのですが、歯周病菌の感染が引き金となり、体内の免疫反応が骨を壊す働きを助長するからです。

関連記事

  1. 院内セミナーを行いました。

  2. お口ケアの3つの新常識!

  3. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑨

  4. 歯周病対策は、定期的なクリーニングが絶対必要条件

  5. 日本の口腔がんの現状

  6. 舌痛症の症状を改善するには?

PAGE TOP