歯周病が進行すると骨がとける?

歯周病が進行するとはが支える歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらになり、やがては抜けてしまいます。
”あの硬い骨が溶ける?”と驚く方が多いのですが、歯周病菌の感染が引き金となり、体内の免疫反応が骨を壊す働きを助長するからです。

関連記事

  1. 唾液の作用

  2. インフルエンザについて

  3. 専門的なお口の健康管理「口腔ケア」について

  4. ご存知ですか?口腔カンジダ症

  5. 唾液のチカラをご存知ですか?

  6. コロナに負けない!歯医者さん徹底活用しましょう。

PAGE TOP