歯周病が進行すると骨がとける?

歯周病が進行するとはが支える歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらになり、やがては抜けてしまいます。
”あの硬い骨が溶ける?”と驚く方が多いのですが、歯周病菌の感染が引き金となり、体内の免疫反応が骨を壊す働きを助長するからです。

関連記事

  1. 「歯」かけた!ときの対応について

  2. インフルエンザについて

  3. 口が乾きやすいと、歯周病リスクが増大します。

  4. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  5. 子供の成長

  6. 医療費控除を受けましょう。

PAGE TOP