歯周病が進行すると骨がとける?

歯周病が進行するとはが支える歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらになり、やがては抜けてしまいます。
”あの硬い骨が溶ける?”と驚く方が多いのですが、歯周病菌の感染が引き金となり、体内の免疫反応が骨を壊す働きを助長するからです。

関連記事

  1. 舌ストレスチェックリスト

  2. 美文字レッスンを行いました。 

  3. “食べるだけ”のカンタンむし歯予防法!⑥

  4. 知覚過敏とは?

  5. 「顔の下半分が長くなる」NG習慣とは?

  6. 『認知症』との闘い、歯周病が影響しています!

PAGE TOP