定期検診で早期発見!賢いむし歯治療のカギ

むし歯でも歯周病でも、初期段階では気づかないことが多く、痛みが出てきたときには既に症状が進行してしまっているケースがほとんどです。
「痛みが出てきたら歯医者に行こう」と思っていると手遅れになり、歯の寿命が縮まってしまいます。

また治療にも時間や回数がかかってしまうため、治療費がかさむ原因にもなります。
今ある歯を守るためにも、お口の状態が健康なうちから定期検診を受けましょう。

関連記事

  1. 歯並びが悪いの悪い子どもが増えた理由とは

  2. インフルエンザはかぜの一種

  3. インフルエンザと普通のかぜとの違い

  4. むし歯だけではなく歯周病で、歯を失うことがあります。

  5. 顔面の骨の成長

  6. インフルエンザについて

PAGE TOP