片咀嚼について

右利きと左利きがあるのと同様に、顎も左右で噛む回数が異なります。
極端になると噛む回数がどちらか一方に偏りすぎる「片咀嚼」に陥ってしまうことがあります。
片咀嚼の悪影響、原因についてご案内します。
食事の際に左右でバランスよくかむことを意識しましょう。

関連記事

  1. 年末年始休診のお知らせ

  2. 診療室のエピソード

  3. むし歯菌の「移動」母子感染に注意が必要です。

  4. 院内勉強会を行いました。

  5. 塩辛いものを食べると。。

  6. 口臭を抑える『舌のケア』と『おすすめ食品』

PAGE TOP