インフルエンザと普通のかぜとの違い

最近は朝晩冷えて来ましたが、皆様かぜはひかれておりませんか?
今日はインフルエンザと普通のかぜとの違いをお伝えいたします。

インフルエンザ
症状:高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、せき、のどの痛み、鼻水など
発症:急激
症状の部位:強い倦怠感など全身症状

普通のかぜ
症状:のどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、発熱(高齢者は高熱がでないこともある)
発症:比較的ゆっくり
症状の部位:鼻・のどなど局所的

関連記事

  1. コロナに負けない!歯医者さん徹底活用しましょう。

  2. 認知症予防するために、歯のケアが重要です。

  3. 誤えん性肺炎を防ぐお口のケア

  4. 歯周病菌が、血管にこぶをつくる

  5. 大人のマウスケアは、「歯」はもちろん「歯ぐき」が重要です。

  6. 歯並びが悪いとどうなりますか?

PAGE TOP